296我楽多製作工房週誌

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クロスジフユエダシャク

前に記事にしたこの虫の正体,グロな虫が食うために蝶だか蛾を捕まえたものだろうと思っていたが
どうやらクロスジフユエダシャクと云う名の虫の雌雄らしい。
メスはチョウ目の虫なのに翅がほとんど退化しているとのこと、、
交尾の様子までは見ることはなかなかまれらしく、写真に撮れたのはかなり運がよかったよう
こんなほとんど誰も知らないような虫の正体が知れていることには、驚くほかない。

f0000148_18102428.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-12-25 18:20 | 野鳥・昆虫etc

狐の耳毛?――②

f0000148_757406.jpg
この植物、古代より神話にもでてくるほど昔の日本人にはなじみのある植物であったそうだが
正体はガガイモなるものだそう。
実の形からの名らしくイモとあってもイモではないとのこと。

この枯れた実の中から飛び出している綿毛のその先についた幾つもの種を、ほんのかすかな空気の流れであってもそれをとらえて、タンポポの種よりもふんわり浮かび上がり遠くに流し子孫をふやしている。こうした種に巧妙で効果的な風散布の方法をとらせる植物はほかにもたくさんあるが、こうした仕組みは進化の過程を経て獲得したとする説もあるが、植物に意思なしとして、こうした習性を植物自身で身につけることが出来たのだろうか。草や木に心はないとされてはいるのだが。心があるような気もするし、それこそ神のつくりたもうた仕組みのような気もしてしまう。
ガガイモについては 野の花散歩というサイト上に詳しくしるされている。
f0000148_758578.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-12-09 08:03 | 花,木,野菜、etc

キツネの耳毛?――①

里山の道を歩いたら、落葉にまじってこんなものが落ちていた。
白い真綿のようにふわふわした部分に狐の耳毛を連想してしまった。
寒くなってきたのでこれをの耳あてにしたら暖かそう。
何とも言えぬ不思議さを感じさせる初めてみるこのものの正体ははたしてなんなのか。
自然界に存在するもので見た知したりしたものは全体からするとどのくらいの割合なのか。
1%にも満たないだろうし、無知蒙昧のままで人生そろそろ終わッてしまいそうなのが悔やまれる。
f0000148_12482191.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-12-07 12:47 | 花,木,野菜、etc

この虫は何?

f0000148_2016162.jpg
ヨモギハシロケタマフシのついたヨモギの下のほうに、今まで見たことのない何とも不気味な虫が蛾を引きずっているのを見つけた。
ゾウムシのようだが違うように見える。口で咬みついているのではない。、はたしてこれは補食なのか交尾なのか。引きずっている方に羽根はないので交尾とは思えない。自然界で、生命体は見ようによっては、かくも醜く、残酷でグロテスクな他の生命をいただく営みを繰り広げてしか生存しえないのはなぜなのか,神さまとやらに教えていただけぬものだろうか?
[PR]
by igaigapon | 2013-12-05 20:14 | 野鳥・昆虫etc

ヨモギハシロケタマフシ

道路わきの法面の枯れかけた草が目にはいった。薄紫や白のボンボンのような花のようでもあり花でもなさそうなモノを付けている。なんともかわいらしい。葉はヨモギのようなのだが。よく観ていくうちに葉の裏についているところから花ではないことが分かったが。
しばらく調べ結果やっとわかったその正体は、ヨモギハシロケタマフシ

ヨモギハ シロ ケタマ フシ=ヨモギ葉白毛玉節=ヨモギの葉につく白い毛玉状のフシ(虫えい=虫こぶ)

ヨモギシロケフシタマバエと云う虫の寄生によって葉の組織が異常な成長をすることで形成されるのだそう
この毛玉状のモノの中に幼虫が1匹入っているそう。
こんな花をつけるにたような植物をどこかでほかに見たような気もしていたのだが、驚きの結果であった。

f0000148_23371672.jpg

f0000148_23364452.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-12-02 23:38 | 花,木,野菜、etc