296我楽多製作工房週誌

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

涼 in  霞ヶ浦

涼を求めて、憂さ晴らしも兼ね、行方市からかすみがうら市方面、霞ヶ浦沿いにそって車を走らせた。
次はぜひとも霞ヶ浦を帆走する帆引き船の優雅な姿を観に来なければ

f0000148_23103644.jpg


かすみがうら市水族館は小規模ながら是非とものお勧めスポット
(館内、フラッシュ使用以外はカメラ撮影可)
f0000148_23115257.jpg
f0000148_23121924.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-08-23 23:13 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)

これぞ本物のヤキモノ…

これぞやっと目にした本物のヤキモノ…,ならぬヤッカイモノ、毒マムシの姿。開いた瞬間目に飛び込むグロテスクなこの画像に、おもわず目をそ向ける方もいることとは思い恐縮だが。

八郷に越してきてすぐにこの地にはマムシがいると聞き、山のない土浦あたりまでではマムシがいるとの話を聞いたこともなく、野生のマムシを見たこともなく知識とぼしく、、画像検索したことはあるものの、注意しようにもほかの蛇との区別がはっきりと付けられほどではなかったため、1度本物を目にしておきたいとは思っていたのだが、そう簡単に出くわすものでもないのが救われるところでもあり、10年目にして、このやたら暑い夏にハッキリと本物を目にすることができた。
湿った場所に多いとは聞いていたが、見つけた場所は先ごろ記事にしたキハダコマチ蜘蛛の巣が多くみられた茅が密生している空地の前のアスファルト道路のうえ。どうやら道路を横断しで向かい側の畑か茅やらの藪地のどちらかへ向かう途中、車にひかれたもののよう。
何やら日本の夏の在り様も著しく亜熱帯化しつつあるようで、この間窯場に出たナメクジなど大きなウインナソーセージ程の大きさがあり、虫にしろ小動物に、はたまた植物にしろ、厄介なものが周囲に増えてきそうで何ともそら恐ろしいことになってきたものだ。今まで気楽に草叢に分け行ったりしていたが、これからはかなり用心した服装を心がけねばいけなくなってきたようだ。各位にてもご注意あれ。
。、
f0000148_91236.jpg


お口直しならぬ、お目め直しにアップの梅雨時写したこのキノコの写真、栗の花おちるころ栗畑にやたら生えてきていたのが、今年のぐずついた天気のせいか、ここにきてまたはえてきている。一見綺麗なキノコだが、ツルタケなのかツルタケダマシなのか知識がないので見た目の区別がつかない。ほかにも似たような色形のものがあり猛毒のものもあるらしいから、これもまた恐ろしく、何やら猛暑ののなか背筋がうすら寒くなってきはするが、それにしても暑い。

 

f0000148_1345987.jpg
f0000148_13463395.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-08-10 13:54 | 野鳥・昆虫etc | Comments(2)

いささか

先週末、会津美里町での会津本郷焼事業協同組合主催の「せと市」に出店
am4時より12時までという変わった陶器市ゆえ、夜中の2時頃から準備にかかるわけだが
今年は肌寒く感じるほどで、9時を過ぎて陽が射してからは暑くなったものの、
例年と違い暑さに苦しめられることもなく助かったが、「八重の桜」での会津人気にあやかっての
人出を期待していたのだが、その方も熱くなることなく、いささか期待外れに終わってしまった。
終了後、今年も車で1時間かけて博士峠をこえ会津昭和村に一泊。会津での朝晩のあまりの涼しさゆえ、
帰宅してからのぐずつく天気のなかでの蒸し暑さで、夜も寝付けなくなったのには、いささか参った
【写真ー8/5 昭和村 矢の原湿原にて)
f0000148_20192024.jpg

[PR]
by igaigapon | 2013-08-07 21:19 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)