296我楽多製作工房週誌

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

針の穴?

30日 AM1:00 OF本焼き 火入れ
先週はYahooのオークションに、炉内寸法は30×30×30センチと小さいものの
100Vの家庭用電源で使用できる電気窯が出ているのを見つけ、最初は入札者も少なく
ひょっとしたら、上絵付け様に、格安で落札出来るかもと思い、そちらが気になって、仕事はかどらず
案の定、毎度の深夜の火入。

上絵専用で1000度どまりのほうの窯は5万、本焼き可は17万が落札価格
上絵専用の方は格安かもしれないが、メーカー陶が不明でメンテナンスが聞かない恐れがあるため入札はせず、結局時間のみ損した結果に。しかし本焼き可能の中古100V簡易窯が17万にセリ上がったのは驚きだった。


さて今回の当方の窯焚き、いつも上中下の炉内温度から、窯蓋中央の四角の色味穴だけで、そこからのゼーゲル倒壊と、色味の取り出しだけで判断して火を止めると、窯出しで蓋を開けてみると下段のものが十分溶けていない事がよくあり、下段の状態をなんとかうまく判断しようということで、今まで、口径が小さいのでバーナーと炉内の様子(=特にに還元時)の判断にしか使っていなかったこの下の色味穴の奥に、今までの色味籠より、4㎝5㎜の穴を通るようなさらに小さい色味籠を作り、ぜーゲルも低いツクを置いて、その上に置いててみたのだけれど、中央の四角の色見穴から取り出すのでさえ、結構落として失敗したりしているの、針の穴を通すふうなこの小さな穴からはたして鉄棒にひっかけてうまく色見とりだせるか?これがうまくいけばうまく溶けていなかったと云うことは防げそうなのだが。

f0000148_10105931.jpg
f0000148_10112865.jpg
f0000148_109761.jpg
f0000148_1010295.jpg

[PR]
by igaigapon | 2012-05-30 11:27 | 我楽多ー陶芸試行錯誤

ギシギシ 元へ スカンポ

ギシギシと云っても我が懐具合ではなく
例年ほとんど気にも留めない自分的には単なる雑草?にすぎなかった田圃のあぜ道のギシギシの花が、今年はなぜだかやけに......

投稿後に、ギシギシとスカンポは同じ属の別物らしいことが判明。写真のもの、赤と白は全部ギシギシだと思っていたけれど、どれかスカンポ(=スイバ)?なのかも.あれこれしらべたらどうやら写真のものはみなスカンポのよう。

f0000148_1440101.jpg
f0000148_14424753.jpg
f0000148_1444469.jpg
f0000148_14391961.jpg
f0000148_14404821.jpg

[PR]
by igaigapon | 2012-05-14 14:28 | 花,木,野菜、etc

天変地異

いや6日の日驚きました。祭りの後出店者全体作業、個人のテント撤収作業までは晴れていて、写真に映っている椅子やテントの骨を残して棚とかを車に積んでいったん窯場に帰っている途中から雲行きが怪しくなり、帰りついてしばらくしたらにわかに真っ暗になりピンポン玉ほどのものが混じった雹がバリバリ音を立てて降り始め、やんだとおもったら、空からビニール片が降ってきました。おそらく筑波の被災地域~筑波山を超えて裏側の八郷に降ってきたのでしょう。
被災者の方々のことを思うと、陶炎祭の売上云々等と云ってられなくなりました。近頃の天変地異のような出来事はは人の行いへの天の報い、警鐘でしょうか?
f0000148_23164052.jpg
f0000148_23154039.jpg
f0000148_23155716.jpg

[PR]
by igaigapon | 2012-05-08 23:17 | 日々雑感