296我楽多製作工房週誌

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

会津にぞっこん-②

このところの寅さん行脚で痛感させられるのは、日本からここまでドンドン田舎が消えていくかということ。
昔は少なくとも都会のネズミと田舎のネズミは明らかに区別がついた。
しかしもはや流通革命は日本全国津々浦々までいきわたったと言っていいくらいに。車を1時間も走らせれば、どこでも同じ看板の大手スーパー、ホームセンター、コンビニを探し出せる。
確かに暮らしぶりはは便利になり、清潔になり。田舎のネズミもほとんど都会のネズミ風に洗練されたものの、人間臭さが消えてしまって、面白みが失せたことは間違いない。
 ただこのところお世話になっている南会津の昭和村あたりの山間部は、冬は2メーターからの雪にスッポリ埋もれる豪雪地帯とあって
昔に比べたら生活に不便は少なくなっているものの、過疎化が進んではいるが、まだまだ昔風の生活のにおいがのこされている。
 今回驚いたのはカメムシの多さ。虫も冬を越すために暖かいところを求め農家の部屋の中に考えられないほどの数が侵入してくる。これだけ虫がいるということは環境が人工的でない有機的なものということだろう。清潔な人工的環境の中にだけいては、人間も知恵を働かさなくなる。多少の不便さ、不潔さは、人間に生きるための工夫、緊張感をもたらすのかも。
 こうした有機的自然環境のなかで育てられたその土地にあった作物はとにかく安心だしうまい。
写真のカボチャこの地方だけにしかないものだというが 、下手な味付けなどしなくともレンジでチンしただけで恐ろしく甘くスウィーツの様で、茨城のブランド品江戸崎かぼちゃ顔まけのマイウー。調理しても煮崩れないでホクホク。他にも花豆とか、エゴマとか他所であまり作られないものが栽培されている。
ただ何しろ若者はみな都会に出て行くから、こうした土地での生き方は継承されなくなってしまうだろうが、爺さちゃん婆ちゃんはまだこの土地での生き方を守って暮らしてはいる。
このところは、そんな会津の奥の暮らしぶりにぞっこんまいっているが、とても2mの雪の中に埋もれての暮らし出来そうにない。
f0000148_5451577.jpg

                                           壁一面のカメムシ

f0000148_545357.jpg

f0000148_5482186.jpg

[PR]
by igaigapon | 2011-10-24 05:47

会津にぞっこん-①

会津高田、伊佐須美神社境内に隣接の伊佐須美の杜、
ここは実際の地番高天原1丁目1番地とのこと
すなわち天孫降臨の地だそうでありますが、
f0000148_05979.jpg

その場所で開催の 工人と陶器まつり に出店 
まだ第2回ということで、人出はさほどと、あまり期待していなかったのですが
地元のTV局で取り上げられたこともあり、予想に反し大勢のお客様にいらしていただきました。
f0000148_042863.jpg

そして今回もまた益子や青森から出店の新しい仲間と知り合うことができ
技術的な情報収集等で大きな収穫も得ることが出来ました。
今回も昭和村親類宅から博士峠越えで約1時間かけ会津高田まで通ったわけですが、
初秋の景色の美しさで、苦にもならず、温泉はあちこちにありで、
このところ会津にぞっこん参っている次第
f0000148_054962.jpg
f0000148_06992.jpg

[PR]
by igaigapon | 2011-10-14 00:11 | 我楽多ー陶芸試行錯誤

午前3時22分、703度をお知らせします

午前3時22分。703度。
何とか窯焚きまで滑り込んだものの。会津、工人と陶器まつり への出発8日の早暁にずれ込みそう。
3日朝の雲の様子で恐れている地震の揺れは幸いまだないが、火入れの直前の地震速報にはビビらされた。 
熊本、長野とあちこちで揺れている。とにかく窯出しまでは揺れないように神頼み。
徹夜の窯焚き、老体には相当きつい。こうならないようにとはいつも思いはするのだが
結局この怠惰な性分は、一生なおらない?
とにかく眠いのでブログ更新。眠い!
窯焚き中にポックリもいいが、ヨイヨイになるのは困る。
次から気をつけよう、と一応肝に銘じておこう。
f0000148_4104858.jpg

戎、大黒に笠間稲荷のお札、別に信心深いわけでもなく、像はオヤジがどこからかもらってきたもの
お札は初午祭絵馬奉納の協力要請に応じたら、笠間稲荷がくれたもの、
こういうものは捨てるに捨てられず、像の方はいずれも円空か、木食風に彫りなおして骨董好きに...、
としても罰が当たるも困る。
さてそろそろ焚き上がる時間、終わったら、少々寝て会津行きの準備。
前回酸化でおもった色にならず失敗したトルコ釉、今回は中性炎で焼いてみたので、窯開けるまでわからんが、
まあ何とか1窯会津にまにあいました。
お、地震雲ブログみたいになってたが、やっと陶芸ブログみたいになってるじゃん。
地震はもう勘弁してちょうだいね!
[PR]
by igaigapon | 2011-10-06 03:58 | 我楽多ー陶芸試行錯誤

次のまつり の前に最大余震?警戒すべし。

昨夜下の記事予約投稿して、朝になったら南西から北東方向にのびる巨大な筋雲が。茨城県南部 ( 北緯36.1度、東経139.9度)から日立、水戸方向の茨城県沖を結ぶライン上の最大余震に注意が必要のよう。                                         
                                         筑波山方向
f0000148_1335131.jpg

                                         茨城県沖方向                 
f0000148_1353372.jpg

f0000148_1355319.jpg


第21回 秋の やさと陶器祭り、フラワーパクのも土浦の花火 には敵わず ><;、しかし何とか天気も崩れず無事終了
次の祭りは10月8,9,10日、会津美里町 伊佐須美神社境内 伊佐須美の杜でのこの工人と陶器祭り
f0000148_1394085.jpg

しかしながら、常滑から帰って以来 夏バテを口実にしてのいつものことながらの怠け癖で、弾不足。
先日29日に素焼きはしたものの、今日はやさと陶器まつりのテント撤収作業と反省会、
会津へは7日出発、本焼きは果たしてまにあうのか?
そして心配なのは地震。
29日も素焼中に緊急地震速報、福島震度5強。
下の写真は2枚、後出しになるが
福島震度5強の前27日15時ころ石岡市役所八郷総合支所周辺での南方向雲
そして3枚目昨日10月2日15時半やさと陶器祭りからの帰途筑波山に連なる峰寺山上 北方向の雲
ずっとほとんど揺れぬ日ないといっていい茨城周辺。
茨城県沖震源空白域での地震が怖い
f0000148_13113690.jpg
f0000148_2042063.jpg
f0000148_13115664.jpg

[PR]
by igaigapon | 2011-10-03 00:05 | 我楽多ー陶芸試行錯誤