296我楽多製作工房週誌

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こりゃまた、ごうせい!、?

f0000148_20271961.jpg

f0000148_2027330.jpg

       二重の虹! これは豪勢にして、けっして合成にあらず、です。念のため(本日pm4時30分ごろ、八郷地区東の空に)
[PR]
by igaigapon | 2007-05-30 20:33 | 日々雑感

そろそろ おシマイ? ② 

てなわけで、軽トラの前のほんの一角に今年突如生え出したクローバー、1枚四葉のクローバー発見、こりゃまためずらしい、ラッキー、もう1枚などと欲張って、よくみると、あるわあるわ。
別のところで探して見てもちーとも見あたらず、我が家の敷地内こんなにあるのは異常としかおもえず、これはわが命運、はたまたわがPC、オシマイの予兆?、
 PCオシャカとなればおいそれと買い換えられる財政状況にもなく、したがってこのブログも一応オシマイとなっちゃったりするわけで。最もこのごろ、ミクシーとやらの影響、あるいはもはやブログもブームがさったのか、結構皆様おやめになっていたり、更新の度合い少なくなりつつあるようでございますのに、何事にも飽きやすいわが性格からすれば1年半近くもよく続いた方だと思うのでありまして、月1から2程度でぼちぼちやっていくのがいいんじゃないかとは思いつつ、PC不調ここでおシマイじゃ洒落にもなりません。頼りのPC教師李さんも韓国に帰ってしまい、何とかお釈迦にならないように祈るほかありませんが、、まさに風前の灯状態。
 そして陶芸ブログのつもりではじめたこのブログも大いに脇道にそれつつもあり、それこそ我楽多制作の方をそろそろ完全にオシマイにしたいところなのありますが、なかなか思ったようにはいきません。益子陶器市も、前回の教訓を生かすこともせず怠けていて、出店前から完全にこけてしまっていたのであります。
 来たる6月2.3日は、八郷フラーワーパーク陶器祭りでありますが この数多き四葉のクローバーの暗示するところは?はたしてどうなるのでありましょうか。どうなるのでありましょうかでなく、どうにかしなければいけないのでありますが(=カミサンに言わせれば 言うばっか であります ^^;)
f0000148_18282817.jpg
f0000148_18292542.jpg
f0000148_18294639.jpg
f0000148_19314238.jpg

(いい加減シマイにせんとわが窯は後の祭りで焼き上がり=近作)

  
 
[PR]
by igaigapon | 2007-05-20 19:09 | 我楽多ー陶芸試行錯誤

そろそろ おシマイ? ①

PCこの頃これが通常の事態に。何回も強制終了を繰り返しやっとのことでつけてます。

f0000148_10192699.jpg

四枚=お仕舞いの予兆?
でも三枚もあるし、五枚のもあったで、なんとか....
f0000148_10201138.jpg
f0000148_10271061.jpg



   コップの下にあるのはなんと五葉のクローバー!
f0000148_10215523.jpg

                                  
お時間のある方は幸福をお探しください(^^)
f0000148_10211116.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-05-20 10:32 | 花,木,野菜、etc

凄絶なる...②

同市民Aさんよりのコメントで早速的確なご指摘を頂戴した。老いさらばえた雉とした鳥はやはり飼われていて捨てられた軍鶏に違いないようだ。我が家の周りでこの季節雉のケンケンという泣き声をよく耳にし、雌雄の姿もよく見かけるのである。この軍鶏に遭遇する前に写したのが下の雉。雉の姿勢は軍鶏のように体を立ていない。あんなところに飼っていた軍鶏を捨てるものがいようとは思わず、どうりで逃げないはず。何かおかしな感じはしていたのだが直前に雉の姿を見かけたので雉と思い込んでしまったわけで。自ら逃げ出したしものとも考えられず、かといって捕まえて雉の肉が食ってみたいみと思ったわが身もひとのこと偉そうにせめられもせず、凄絶なるは人の心というべきか。いやはやなんとも。
f0000148_13115564.jpg
f0000148_13121423.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-05-08 13:35 | 野鳥・昆虫etc

凄絶なる。。。

f0000148_22425044.jpg


f0000148_2243845.jpg


f0000148_2301615.jpg


f0000148_22581525.jpg


軍鶏ではあるまい。老いさらばえた雉に山道で出会った。逃げもせず、逃げられもせず、もはやそこに佇むだけ。
命あるものの最期は、みなかくのごとく凄絶なものようだ。
[PR]
by igaigapon | 2007-05-07 23:12 | 野鳥・昆虫etc