296我楽多製作工房週誌

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

はなから問題いろいろ。

今年は、かれてしまわぬよう、とにかく,いろいろ,補正して行かにゃ。
f0000148_1127391.jpg


f0000148_11344398.jpg


f0000148_0265620.jpg




f0000148_1213460.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-27 11:00 | 花,木,野菜、etc

狼狽

老梅 蝋梅
f0000148_21365930.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-24 21:38 | 花,木,野菜、etc

山ノ神の麓 --- 足尾山麓 御泊宿


f0000148_22311983.jpg
八郷地区上曾の足尾神社の鳥居,聖徳太子殿のためのものと思ってしまったのであるが、よく考えてみると、あれは足尾山そのものを神と見立ててその入り口に設けたものではないのかということに気がついた
 筑波山と足尾山の間にある峰寺山を越え真壁へ抜ける上曾の旧街道にたつあの鳥居と、こて絵の旅籠一言主稲荷から南方向に5分ほど入ると、昔は東京都内でも見ることもできたのだが、今ではまったくといって良い程なくなってしまった竹垣とその先に、漆喰塗りの戸袋に足尾山麓御泊宿とある家の前に出る。
f0000148_22411176.jpg
f0000148_2231479.jpg
こんなところに旅籠があったなどとは思いもよらず、去年はただの茅葺民家だと思っていたのであったのだが。残念ながら1階部分は瓦葺にこのごろ改修されてしまったが、茅葺部分の棟部や棟飾りは、この地域独特の意匠ととのことで、それはたいそうに美しい。明治とはいわず、大正、昭和初期でいいから、その頃この地域に訪れ、お泊り宿の2階の窓の手すりに風呂上りの手ぬぐいを干し、運ばれてきたお膳の徳利酒を田圃から吹いてくる風に当たりながら楽しむなどできたら、そりゃーオツなもんでござんしたでありやしょうな。
f0000148_22322779.jpg
f0000148_2233128.jpg
f0000148_22335379.jpg
f0000148_2235972.jpg
f0000148_22354037.jpg

やっぱりPCなどないアナログな時代のほうが幸福なようでないかいな?
[PR]
by igaigapon | 2007-01-20 22:37 | 工房近辺小景紀行

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く! -- 結び

f0000148_2145352.jpg

四方の柱に配されたお堂を守る獅子。
f0000148_214551100.jpg

同の裏手には
f0000148_21463167.jpg

残念ながら厨子の扉はとざされていたので、また春桜の季節にでも訪れれば拝観できる機会もあるであろう事を楽しみに。
f0000148_2158481.jpg

2007年の縁起よき初詣を目出度くすませたのでありました。
f0000148_2147064.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-07 21:49 | 工房近辺小景紀行

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く! ー④

心逸るも、人の身の丈倍ほどの急な石段が前をふさぎ「少々落ち着け、心静めてわが前に出でよ」と諭すかのよう。滑り落ちぬように這い蹲るようにしてそれを上ると,あくまで清清しき静寂な空気漂う中に朱き社殿はたっていたのであった。
f0000148_20254361.jpg
f0000148_20263240.jpg
f0000148_20281647.jpg
f0000148_20291439.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-06 20:30

幕間   (位置関係ー俯瞰)

f0000148_21531862.jpg

google Earth (無料ダウンロード版)にも参りました。
[PR]
by igaigapon | 2007-01-05 21:53 | 工房近辺小景紀行

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く! ー③

如意輪観音の前で二股に分かれる道、左は奥の梅林で行き止まりだが、ゆるやかに少々の下りになっている右の坂道の奥には、白い立て札と左右に門柱のように配置されている数基の石塔があるではないか。
f0000148_2116242.jpg
f0000148_21172481.jpg
f0000148_2118933.jpg

立て札にはなんと!
f0000148_21235014.jpg


石塔の間を通り、小道をさらに少々進んで行くと、むむ…?、苔むした石段の上、木々の緑の間に、目にも鮮やかな朱色の建物が垣間見えたではないか。
f0000148_2128283.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-04 21:19 | 工房近辺小景紀行

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く! ー②

 下の記事にある鳥居があるのは以前紹介した街道沿いの旅籠の真向かいである。
 鳥居の奥には車とただの民家があるだけ。さらにその先を覗いても小さな祠なども皆目見あたらない。風格のある道標と鳥居が残されているのが何故民家の敷地内なのか以前から不思議だったのだが、ただ単にその昔社などが火災等で消失した結果だろうとおもって疑わずにいたのだが、道標に「あしをへ」とあるようなのでひょっとしたらまだこの鳥居のなかの民家の裏手に何かあるのではと、鳥居右隣の家の細い路地を入って民家裏手へ進んでみたが、その先をさらにいけば足尾山山頂へ通じているのだろうか、細い小道がみえるだけであった。しかしその小道をさらに進み薄暗がりの中を凝視すると、どうやら一体の小さな石仏。
f0000148_0145740.jpg

近寄るとそこにあったのは山の入り口案内人のようにぽっんと安置されている石造りの如意輪観音。
f0000148_0153197.jpg
この先に進めばまだ何かあるのだろうか?
[PR]
by igaigapon | 2007-01-04 00:17 | 工房近辺小景紀行

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く!

f0000148_23402164.jpg
f0000148_23395275.jpg
f0000148_23415667.jpg
f0000148_2343435.jpg

この真壁へぬける上曾の街道沿いにある鳥居と道標、なかなかの風格。だが、社がなくなっていては初詣もかなわぬかと思いきや、いやはやこいつは正月早々参った、参った、参りましたよ、こいつは春から縁起がいいわいな。どう参ったかは正月につき餅のようにのびますのびます、松の内の連載でゆっくりとお楽しみいただきとうございます。
[PR]
by igaigapon | 2007-01-02 23:44 | 工房近辺小景紀行

2007年 花咲く年に

お知り合いより八郷の神正バラ園の薔薇をいただいた。
f0000148_21351721.jpg

f0000148_2135570.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-01 21:37 | 花,木,野菜、etc