296我楽多製作工房週誌

<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ハラハラ、ヒリヒリ、ヘレヘレ、ホロホロ。



迷ってばかりもいられず、踏ん切りをつけて月曜ついに窯を焚きました。何を迷ったかと言うと、釉薬と、酸化で焚くか還元で焚くか。
 窯をガスから灯油に変えて、焚き方の要領がいま1つも2つも3つもわからない。還元は特に。それでも還元でやっちまった。1150度から先、下手に油量と風量をいじくったらバタっと温度上がらず。ハラハラ、ヒリヒリ。
 温度計と色見本のみで今回もったいないのと手抜きでゼーゲル錐入れず。ドラフトやダンパーあれこれいじくっても遅々として上がらず、やっとのことで1200度位までもっていくも、火の色はかなり白い。慌てて色見本も引っ張り出し損ね、2つも窯の中に落下させる始末。幾つか入れておいたので残りの色見本の状態で、温度計は1220度だったが、これ以上は危険かもと判断して火を止めた。なんとコンマ3で朝8時に火を付けて翌朝5時半まで。もうヘレヘレ。どう考えても時間が掛かりすぎ。無駄に油を燃やしただけだったかも。やっぱりケチりと手抜きはいけません。やはりゼーゲルは不可欠のよう。
 そして蓋を開けてみれば、いつもと同様ホロホロと涙せずにはいられぬような結果でございました。
 島岡達三氏がまだ若いころ、師匠浜田庄治から「若い時は、何でもおやんなさい。年とってからやってたんじゃ人に笑われるから」と指導を受けたというが、若くなくなっちゃったもんはただ笑われるしかありません。
 焼いた物の写真まだ撮ってません。今夜は明日の八王子行きの為早めに寝ないといけませんので、アップは明日木曜から金曜に架けての深夜にかけてで。さすが恥かきたくもなくちょいと迷ってはおりますが、好きで年とったわけじゃなし、もはや笑われてもなんでも開きなおってやって行くしか他手はありませんので、けっして逃げ隠れは致しません、ハイ(^^;)。
 
 
 さて木曜深夜12時過ぎて東京からやっと八郷に帰り着きましたので、恥ずかしながらの写真アップです。なかなかイメージどおりには行きません。絵もちょいと描き込みすぎ、釉の色も黄色すぎたりで品がいまいち。
 加藤唐九郎によると、器体に触るか触れないないところで筆をはしらすのが絵付けのコツだそうで、余り描き過ぎると品がなくなるとのこと。まったくそのとおり、もっと軽快に描くか、むしろ象嵌でいくべきだったかも。
八代目桂文楽ではありませんが「もう一度勉強し直してまいります](^^;)
f0000148_1472666.jpg
f0000148_1474088.jpg
f0000148_147576.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-22 22:55 | 我楽多ー陶芸試行錯誤 | Comments(12)

極楽浄土への入り口

f0000148_1437378.jpg

お堂や祠があると中を覗かせていただくことにしている事は前に書いた。
殆んど参る人もないお堂の中にこのようなものを見付けたときは、極楽浄土への入り口に立ったような気分になる。どうだぁー、茨城の底力!。
f0000148_14373047.jpg
f0000148_14371693.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-22 14:37 | 工房近辺小景紀行 | Comments(3)

真壁、雛祭り その②

f0000148_13502521.jpg
f0000148_13504284.jpg
f0000148_13505714.jpg
f0000148_13511112.jpg
f0000148_1352524.jpg
f0000148_1354151.jpg
f0000148_13571720.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-22 13:58 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)

茨城県桜川市 真壁 ひな祭り

f0000148_1913176.jpg

今週はと言うべきか今週もというべきか、晴遊雨怠の看板に偽りなし、10日北茨城五浦の天心記念美術舘へ、東京で見損なった川端龍子展を見にいき、ついで15日は隣町の桜川市真壁(旧新治郡真壁町)へ蔵の街としての町おこしの一大イベントの雛祭りへ出かけてしまい、窯焚きからの逃避が続いてしまいました。イヤー、いい加減にせんと、です。(真壁雛祭りは3月3日まで)
f0000148_2201095.jpg
f0000148_221276.jpg
f0000148_21161050.jpg
f0000148_2120018.jpg
f0000148_1915739.jpg

f0000148_2348422.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-15 19:02 | 工房近辺小景紀行 | Comments(3)

五浦 六角堂

f0000148_18534944.jpg
f0000148_1854250.jpg

天心は晩年、思索と静養場として太平洋に臨む人里離れた茨城県五浦(現在の北茨城市五浦)に居をかまえ、、この地に日本美術院を移転し横山大観らの作家達と居をともにしながら指導育成し新しい日本画の創造をめざしました。写真、海に突き出した岸壁突端の赤い建物が、天心や院生達がひたすら座して思索、絵の構想を練る場とした「六角堂」(現在は東京芸代付属施設)
[PR]
by igaigapon | 2006-02-15 18:54 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)

北茨城 鵜の岬

f0000148_18455136.jpg
f0000148_1846450.jpg

五浦、天心記念美術館からの帰り、写真の人気日本一の日立市十王にある国民宿舎「鵜の岬」隣の日帰り客も入れる温泉につかって行こうとしたら、全館メンテナンスの為休館。やはり怠け者に天佑はなかったようだ。(海は伊師浜海岸)
[PR]
by igaigapon | 2006-02-15 18:46 | 工房近辺小景紀行 | Comments(1)

石岡

f0000148_11211576.jpg
f0000148_11212912.jpg

看板には「大経師 表具○」とある。障子、襖張りのほか、掛け軸等の表装を請け負うこのような店がのこっていると言う事は、石岡の昔の文化レベルが相当高かった証拠だろう。
[PR]
by igaigapon | 2006-02-15 11:22 | 工房近辺小景紀行 | Comments(1)

どうにも

1年12分の1は終ってしまったのに、失敗ばかり繰り返しているとと、トラウマとなって、どうにも先に進めなくなるようで、案の定本焼きまでにいたらず、今週まだ素焼に絵を書いている状態のまま停滞。何時になったら焼けるのでありましょうか。豆まきもやらず、恵方巻きも食べなかったせいか、鬼が居座って出ていかなかったようであります。
f0000148_2357746.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-08 23:57 | 我楽多ー陶芸試行錯誤 | Comments(9)

石岡

f0000148_23411992.jpg
f0000148_23414083.jpg
f0000148_23415268.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-08 23:42 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)

散歩の収穫 2

石岡八郷 某所
この頃、祠や御堂が有ると中を覗かせていただく事にしているが、結構驚くような収穫がある。
ここはお寺なんだか神社なんだか、おキツネ様も、お地蔵様も、そして菩薩像後ろのお札「子安神社」、供えているのが榊という神仏混交が、どうにも日本的にて、何でも叶えていただけそう。
f0000148_065823.jpg
f0000148_071197.jpg
f0000148_072181.jpg
f0000148_073187.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-02-08 23:34 | 工房近辺小景紀行 | Comments(0)