296我楽多製作工房週誌

カテゴリ:未分類( 13 )

春は、はな。花――②

f0000148_17551875.jpg


今年の冬の厳しい寒さからすると、桜の開花は遅いと思っていたのだが
なぜか予想外に例年より1週間は確実に早く花開いた。
花見が出来るのもあと何回?というような年齢となり
少しはのんびりあちこちの桜を観に出かけたいところだったのだが
暮れから3月までの異常な寒さがトラウマとなり冬期鬱状態でなにもせぬうちに
この地でも、染井吉野はとうに散り、山桜もあっという間に葉桜になりつつある。
ゴールデンウイークまであと二週間たらず、今年もまたバタバタしたおちつかぬ春にしてしまった
[PR]
by igaigapon | 2014-04-16 17:56 | Comments(0)

Advance guard

f0000148_0471586.jpg




節分の 冬の陽射しも ありがたく、カキもカキたる前衛の作
f0000148_037296.jpg


f0000148_0363566.jpg

[PR]
by igaigapon | 2012-02-03 10:00 | Comments(0)

来年は…

来る年がどんなもんだか見えますですか?青鷺さん
f0000148_0482731.jpg

それにしても 2011 今年の暮れはやけに寒い。
落ち葉集めて焚き火といきたいところだけれ…
f0000148_0485451.jpg

[PR]
by igaigapon | 2011-12-26 00:53 | Comments(0)

会津にぞっこん-②

このところの寅さん行脚で痛感させられるのは、日本からここまでドンドン田舎が消えていくかということ。
昔は少なくとも都会のネズミと田舎のネズミは明らかに区別がついた。
しかしもはや流通革命は日本全国津々浦々までいきわたったと言っていいくらいに。車を1時間も走らせれば、どこでも同じ看板の大手スーパー、ホームセンター、コンビニを探し出せる。
確かに暮らしぶりはは便利になり、清潔になり。田舎のネズミもほとんど都会のネズミ風に洗練されたものの、人間臭さが消えてしまって、面白みが失せたことは間違いない。
 ただこのところお世話になっている南会津の昭和村あたりの山間部は、冬は2メーターからの雪にスッポリ埋もれる豪雪地帯とあって
昔に比べたら生活に不便は少なくなっているものの、過疎化が進んではいるが、まだまだ昔風の生活のにおいがのこされている。
 今回驚いたのはカメムシの多さ。虫も冬を越すために暖かいところを求め農家の部屋の中に考えられないほどの数が侵入してくる。これだけ虫がいるということは環境が人工的でない有機的なものということだろう。清潔な人工的環境の中にだけいては、人間も知恵を働かさなくなる。多少の不便さ、不潔さは、人間に生きるための工夫、緊張感をもたらすのかも。
 こうした有機的自然環境のなかで育てられたその土地にあった作物はとにかく安心だしうまい。
写真のカボチャこの地方だけにしかないものだというが 、下手な味付けなどしなくともレンジでチンしただけで恐ろしく甘くスウィーツの様で、茨城のブランド品江戸崎かぼちゃ顔まけのマイウー。調理しても煮崩れないでホクホク。他にも花豆とか、エゴマとか他所であまり作られないものが栽培されている。
ただ何しろ若者はみな都会に出て行くから、こうした土地での生き方は継承されなくなってしまうだろうが、爺さちゃん婆ちゃんはまだこの土地での生き方を守って暮らしてはいる。
このところは、そんな会津の奥の暮らしぶりにぞっこんまいっているが、とても2mの雪の中に埋もれての暮らし出来そうにない。
f0000148_5451577.jpg

                                           壁一面のカメムシ

f0000148_545357.jpg

f0000148_5482186.jpg

[PR]
by igaigapon | 2011-10-24 05:47 | Comments(2)

妖雲?ー彩雲他

       彩雲 2011.9.13 15:00頃
        (左側に―彩雲 右側は太陽、彩雲は縁起がいい瑞雲とされているがはたして?)
f0000148_18305946.jpg


          9月11日記事の北方向雲に類似の積乱雲上の楕円形状雲(石岡から南方向)
f0000148_047218.jpg


        上積乱雲上の楕円形状雲(左電柱下部)方向に向かって長く伸びる線状の雲  9月13日15時ころ
f0000148_0473076.jpg

同日15時40分 北方向
f0000148_0475573.jpg

追記1
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成23年9月14日4時25分 気象庁発表
きょう14日04時21分ころ地震がありました。
震源地は、茨城県北部(北緯36.7度、東経140.7度)で、震源の深
さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。
[震度3以上が観測された地域]
震度3 茨城県北部
[震度3以上が観測された市町村]
震度3 日立市 高萩市
この地震による津波の心配はありません。
情報第1号

追記2
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成23年9月15日17時4分 気象庁発表
きょう15日17時00分ころ地震がありました。
震源地は、茨城県沖(北緯36.3度、東経141.6度)で、震源の深さ
は約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.2と推定されます。
[震度3以上が観測された地域]
震度4 茨城県北部 茨城県南部
震度3 宮城県北部 宮城県南部 宮城県中部 山形県村山
福島県中通り 福島県浜通り 福島県会津 栃木県北部
栃木県南部 群馬県南部 埼玉県北部 埼玉県南部
千葉県北東部 千葉県北西部 東京都23区
[PR]
by igaigapon | 2011-09-13 18:31 | Comments(0)

2007年、それでは今年も参ります。縁起良く! ー④

心逸るも、人の身の丈倍ほどの急な石段が前をふさぎ「少々落ち着け、心静めてわが前に出でよ」と諭すかのよう。滑り落ちぬように這い蹲るようにしてそれを上ると,あくまで清清しき静寂な空気漂う中に朱き社殿はたっていたのであった。
f0000148_20254361.jpg
f0000148_20263240.jpg
f0000148_20281647.jpg
f0000148_20291439.jpg

[PR]
by igaigapon | 2007-01-06 20:30 | Comments(0)

不定期更新等のお詫び

いつも当方ブログお訪ねいただき有難うございます。
さて,当方諸般の事情により,更新の滞りと、せっかく皆様にご訪問いただきコメント頂戴いたしましても,写真のような状態にて、すぐにご返事できかねる事態が当面続きそうな情勢にあり,この際失礼にならぬよう閉鎖も考えたところですが、暫らくの間皆様からのコメントをご遠慮しての月2回程度の更新ではありますが,超マイペースにて継続させていただく事にいたしました。無礼をお詫びいたし、甚だ勝手ではございますがなにとぞ、このことご容赦ご了承いただきますようお願い申し上げます。
f0000148_184458.jpg

[PR]
by igaigapon | 2006-06-17 00:35 | Comments(0)

夢の中、百花繚乱―Ⅱ 。

春の日は、花から花へ,蝶の如くにただ夢を追い
f0000148_6162528.jpg
ひめ林檎
f0000148_6163750.jpg
f0000148_6164922.jpg
りんご
f0000148_617091.jpg
パンジー
f0000148_6172299.jpg
不詳(スイセン?)
f0000148_6174229.jpg
ジューンベリ-
f0000148_6173266.jpg
ジャスミン
[PR]
by igaigapon | 2006-04-20 04:46 | Comments(6)

始業点検は、怠りなく。

 
f0000148_1921173.jpg
 今週もまたまた大当たり。しかし今度はアンラッキーの方の。
 自分で窯持ち焼き物やってる者が、高野さんの湯飲みに角皿、鉢。酒器セットと幾らなんでもあんなに沢山一人占めしてうかれたとあっては、焼き物素人の方で応募し外れた方の怨念が八郷まで届いてしまったのか、16日朝軽トラに乗ろうとしたら前輪左のタイヤがペシャンコ、仕方なくその日は乗用車で出かけ、18日軽トラのタイヤ外して修理に持っていこうとしたら、今度は乗用車の方の前輪右、家から出て4~500メター走った辺りでペッシャンコ。3日で2台の連続パンクはまずありえることではないような。
 パンクしたらその場から動かず、スペヤ―に代えないと更にダメージ加わり駄目になるとは知らず、4~500mだから良いだろうとおもって家まで帰って処置しようと、そのまま乗って戻ってしまった。幸い、タイヤに更なるダメージなく、軽トラは穴を塞ぎ、乗用車は劣化した空気入れる部分の部品交換ですんだが、免許はとったら最後、まともに始業点検などした事がなかったが、いやはや油断すると危ない危ない。
 修理代も痛いには痛いが、たいした額にならず、高速走行中等でなかったのは救われた。やはりまだまだ神仏のご加護あり。ものごとなにごとも良いほうに考える、これが一番。
 しかし何が起こるかわかりません。安全第一、皆様も車に乗るときは始業点検、どうぞ怠りなき様。
 
[PR]
by igaigapon | 2006-03-22 19:21 | Comments(2)

福の神は、八郷に

f0000148_10273192.jpg

やはり福の神は、八郷に.
我がブログの中には、御覧いただければおわかりのように、工房近辺の神社仏閣、祠、お堂のなかの神様、仏様のお姿、写真ながら出張頂いております上、さらには戌年の今年2匹のワンちゃんにお供いただいての初詣、その後も飼い主に代わり散歩にお付き合いして貸しをつくっている、ブログ名296も福禄寿に通ずるのである、とあれば、かような福は当方に来る事間違いないと確信していたところ、やはりでありました.なにがどのようなに凄い福かというとここをみていただいていけば一目瞭然。
極上の器にはそれにふさわしいいい酒(まずは石岡の銘酒 府中誉の「渡舟」、そして壱岐産の焼酎壱岐娘、)を奮発、余計な料理盛ってはもったいなく、かえって興も削ぐ、きょうの酒肴はむしろ頂いたこの器の数々、じっくり眺めさせていただきながら、味わう今日の酒、至福のときを過ごさせていただきました.万一焼き物関係者以外の外れた方でこれを見たとしても、焼き物屋が応募して当てちゃうなんてとお怒りになりませんよう。プロの焼き物屋とはそれだけで食えている人の事、私はまだまだ食えちゃおりませんのです。とにかく、当方一方的にこいつは春から縁起がよく、ことしはいい年になること間違いなし。ブログ1周年と奥様お誕生日祝した上で、あらためてyakimono,takanoさん万歳、有難う。
(そして今週、記事は以下3点)
[PR]
by igaigapon | 2006-03-16 11:11 | Comments(9)